神奈川県|住宅ローンと住居の納得のいく選択を横浜で相談

  • トップページ
  • お役立ち情報
  • 運営会社
【無料の企業PR広告】
■該当件数21件 | <前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 次へ>
TOP > 神奈川県 > 横浜の住宅ローン相談なら<水内FP事務所>

住宅ローンと住居の納得のいく選択を横浜で相談


ファイナンシャルプランナーとは、お客様の将来への希望や価値観をもとに、金融、税金、相続、保険、年金、不動産、教育資金、住宅ローン、投資の知識を活用して実行そサポートする専門家です。

雇用の不安定、少子高齢化、年金不安、増税時代、経済のグローバル化と社会環境は変化しています。
その影響からか多くの人は将来へ不安を抱いてファイナンシャルプランナーへの相談が増えています。

住宅取得資金、教育資金、老後資金を三大資金といいます。
これらはいずれ1000万円以上を超えることが多く、早くから対策を立てなければなかなか貯まりません。
住宅ローンは金利の状況によって借り換えや繰り上げ返済を適切に行うだけで数百万円の差が出ます。
教育資金も5年で貯めるのと20年で貯めるのとでは月々の積立額が大きく異なります。
年金は給付と負担が均衡を失すれば見直しが行われますが、これから1人が1人を支えるといわれる社会では年金の支給額の減額や開始年齢引き上げの可能性が高く、年金だけで生活していくとすれば現役時代からの生活水準を大きく引き下げねばやっていけないでしょう。

同じ1000万円を貯めるのでも、5年であれば166,666円ですが、20年であれば41,666円で済みます。さらに3%で20年間運用すれば31,000円で済みます。
また、投資も長期の期間であればリスク面から見ても望ましいとされていますので現実的ではないかと思います。

納得のいく住宅の取得に向けて将来のお金の流れも合わせてシミュレーションを行へば安心の住宅購入ができます。
住宅の探しをする前に住宅ローンの資金計画をいろいろとシミュレーションすれば将来の不安を軽くすることにつながります。
お客様が不安であれば、契約書の内容のチェックや登記簿謄本やライフラインをあらかじめ調べることもしますので、ご不明な点が少しでもございましたらお知らせください。

横浜での不動産業界出身という経験を生かして、住宅購入を住宅ローンを組んだ後も含めてサポートさせていただきます。
お気軽にご相談ください。